VineLinux4.2でWebServer(proftpdインストール)

スポンサード リンク

お願い
本サイトは、管理人:うまがメモ帳代わりに作成したサイトです。
なお、このサイトの内容に関して動作保障など一切の責任は持ちませんので、自己責任の上行ってください。

このサイトはWindowsマシンで作成しています。作成したHTMLをWebServerへ媒体(USBメモリー)でコピーするのも大変なのでLANを使ってコピーできればと思いFTPServerソフトをインストールすることを決めた。Vineに用意されていたProFTPDを使用することにした。Windowsマシンから、FFFTPでWebServerにコピーしている。

ProFTPDの入手

インストールはアップグレードの方法でSynapticから行います。コマンドからもできますが、Windowsに慣れている方はSynapticをお勧めします。
バージョンは、1.2.10です。また、下記URLからProFTPDの詳細がわかります。

URL:http://www.proftpd.org/

Linuxの場合は、各デストリビューション(Vineもその中のひとつ)で用意しているので、そのバージョンを使用します。

インストール方法は、ApacheやPHPと同じ方法で行います。

>>Go to top

ProFTPDのインストール

Synapticを立ち上げ、検索でproftpdを検索します。

proftpdをクリックすると窓が出てくるのでインストールをクリックします。下の画面になります。四角に黄色矢印がつきます。

全てアップグレードをクリックし適用をクリックします。確認画面が出るので、適用をクリック。インストールを開始します。

proftpdの四角が緑色になっていればインストール終了です。

>>Go to top

フォルダの作成

今回は、ホームページをWindowsマシンで作成し、WebServerがLinuxマシンの環境です。作成したHTMLを直接Linuxの公開しているフォルダにアップをする設定を行います。
Apacheで設定したDocument Rootを参考にします。"/home/page/html"以下にHTMLやCSSなどのファイル・フォルダが入りますので/html以下だけが、見えるようにします。

/home/page/htmlのグループと所有者は起動時のユーザ名になっています。
このまま、設定してしまうとhome以下が見られてしまう可能性があるので/page以下の所有者を変更します。
今回は、所有者を"umacame":パスワードを"life"の設定で行います。

ユーザ(所有者)を作成します。ツールバー上の[ディスクトップ]→[システム管理]→[ユーザーとグループ]をクリックします。パスワードを聞いてくるのでRootのパスワードを入力、Enter。

作成画面が出るので、umacameを追加するため[ユーザーの追加]をクリック。以下の画面が出るので、ユーザー名をumacame、パスワードをlifeで入力して[OK]をクリック。

追加されていることを確認します。

次に、グループをログインしているグループと同じにします。umacameのフォルダを/pageにします。umacameをプロパティで開きます。次に拡張タブをクリックし、グループを今ログインしているグループを選択し、ホーム・ディレクトリを/home/pageに書き換えます。[OK][OK]で準備完了です。

今までの操作はユーザーを作成しただけなので、次に/pageの所有者を変更します。これは、コマンド操作で行います。GNOME端末を起動し、suでroot権限に入ります。以下の通り入力し、lsで確認します。

chown -R umacame /home/page

これで/page以下のファイルと所有者はumacameになっているはずです。
次にファイルシステム/pageフォルダーのプロパティで確認します。アクセス権タブを開き所有者がumacameになっていればOKです。

>>Go to top

初期設定

フォルダが作成できたら、ProFTPDnoの設定を行います。変更ファイルは、etc/proftpd.confです。
GNOME端末を起動してsuでroot権限に入ります。

gedit etc/proftpd.conf

と入力しEnter。

左の画面が出たら、変更を加えます。

# This is a basic ProFTPD configuration file (rename it to
# 'proftpd.conf' for actual use. It establishes a single server
# and a single anonymous login. It assumes that you have a user/group
# "nobody" and "ftp" for normal operation and anon.

ServerName "umacamelife" ←名前の変更は何でも良い。
ServerType standalone ←inetdの方法もあるが設定が大変なのでこのまま。
DefaultServer on

# Port 21 is the standard FTP port. Port 21

# Umask 022 is a good standard umask to prevent new dirs and files
# from being group and world writable.
Umask 022

# Use localtime
TimesGMT FALSE

# To prevent DoS attacks, set the maximum number of child processes
# to 30. If you need to allow more than 30 concurrent connections
# at once, simply increase this value. Note that this ONLY works
# in standalone mode, in inetd mode you should use an inetd server
# that allows you to limit maximum number of processes per service
# (such as xinetd).
MaxInstances 30

# Set the user and group under which the server will run.
User nobody
Group nobody ←nogroupから変更

# iconv patch: set local/remote encoding
# http://www.hakusan.tsg.ne.jp/tjkawa/software/misc/proftpd-iconv/index.jsp
# CharsetLocal EUC-JP-MS
# CharsetRemote CP932
# CharsetRemote EUC-JP-MS

# Normally, we want files to be overwriteable.
<Directory ⁄>
AllowOverwrite on
</Directory>

# A basic anonymous configuration, no upload directories.
# <Anonymous ~ftp> ←ここから#でコメントアウト

# User ftp
# Group ftp

# We want clients to be able to login with "anonymous" as well as "ftp"
# UserAlias anonymous ftp

# Limit the maximum number of anonymous logins
# MaxClients 10

# do not require shells listed in /etc/shells (user ftp do not have
# shell...)
# RequireValidShell no

# We want 'welcome.msg' displayed at login, and '.message' displayed
# in each newly chdired directory.
# DisplayLogin welcome.msg
# DisplayFirstChdir .message

# Limit WRITE everywhere in the anonymous chroot
# <Limit WRITE>
# DenyAll
# </Limit>

# </Anonymous> ←ここまで#でコメントアウト
<Limit LOGIN> ←ここから追加
Order allow,deny
Allow from 192.168.0.0/24
Allow from 127.0.0.1
Deny from all
</Limit>
ServerIdent on "ftp server"
UseReverseDNS off
IdentLookups off
DefaultRoot ~/html ←ここまで追加
↑ここで、ftpで入れるフォルダを指定。この場合は、html以下しかファイル操作することができない。

変更が終了したら、保存してgeditを終了。

>>Go to top

起動

起動方法は、サービスの管理から行えます。Apache2の起動を参考にしてください。FTP サーバーにチェックを入れれば完了です。再起動後、有効になります。また、コマンドからも行えるので参考にしてください。

proftpdの起動と再起動のコマンドは以下の通りです。必ず、rootで行ってください。

起動
# /etc/rc.d/init.d/proftpd startと入力してenterキー。
再起動
# /etc/rc.d/init.d/proftpd restartと入力してenterキー。

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net