VineLinux4.2でWebServer(PHP5インストール)

スポンサード リンク

お願い
本サイトは、管理人:うまがメモ帳代わりに作成したサイトです。
なお、このサイトの内容に関して動作保障など一切の責任は持ちませんので、自己責任の上行ってください。

PHP5の入手

インストールはアップグレードの方法でSynapticから行います。コマンドからもできますが、Windowsに慣れている方はSynapticをお勧めします。
バージョンは、5.2.6です。また、下記URLからPHPの詳細がわかります。

URL:http://www.php.gr.jp/

Linuxの場合は、各デストリビューション(Vineもその中のひとつ)で用意しているので、そのバージョンを使用しましょう。

>>Go to top

PHP5のインストール

Synapticを立ち上げ、検索でPHP5を検索します。

php5をクリックすると窓が出てくるのでインストールをクリックします。左の画面になります。四角に黄色矢印がつきます。
その他にphp5-apache2、php5-odbc、php5-pdo、php5-sqlite(sqliteデータベースを使用する場合)を同じように行います。

全てアップグレードをクリックし適用をクリックします。確認画面が出るので、適用をクリック。インストールを開始します。

php5と他選択したアプリケーションの四角が緑色になっていればインストール終了です。

>>Go to top

設 定

インストール後の、設定を行います。今回はデータベースSQLiteを使用するため設定ファイルを一部変更します。変更ファイルは、etc/php5/の中にあるphp.iniです。
Linuxの場合Windowsと違い簡単に書き換える事ができません。(中を確認することは可能です。)

赤丸のアイコン(GNOME端末)をクリックします。

コマンドを入力する画面が表示されます。カーソルの左が$だとコマンドを入力しても実行できません。

suと入力しEnter。パスワードを聞いてくるのでRootのパスワードを入力、Enter。カーソルの左が#になればコマンドの入力開始です。

ここで、gedit /etc/php5/php.iniと入力しEnter。
(Root権限に入らないでエディタを動かしても、書込み禁止となり変更ができない。)

左の画面が出たら、変更を開始します。

以下からは、変更箇所のみ記述します。

163行目
;output_handler = ←をoutput_handler = mb_output_handlerにします。
508行目
;default_charset = "iso-8859-1" を消して"iso-8859-1"を"Shift_JIS"に変更する。
668行目
;extension = php_mbstring.dll を消す。
679行目
;extension = php_pdo.dll を消す。
694行目
;extension = php_splite.dll を消す。 (sqliteを使用しない場合は、不要。)

追加・変更が終了したら保存をクリックし、終了です。
コマンドラインは、exitEnterを入力して終了させます。

>>Go to top

確  認

インストールができたかの確認をします。Apacheで設定したDocumentRoot(var/www/html)に確認用ファイルを作成します。

設定と同じでsuコマンドを使いRoot権限に入ります。

ここで、gedit /var/www/html/php.phpと入力してEnter。
新規作成画面が出るので、以下のように入力します。

<?php
phpinfo();
?>

終了したら保存をクリックし、終了です。
コマンドラインは、exitEnterを入力して終了させます。
これで、確認用ファイルができました。

実際に確認してみます。FireFox(ツールバーにある青い地球)を立ち上げてURLをlocalhost/php.phpと入力してEnter。
左の画面が出ればOKです。
下へスクロールし、大見出しにApache、pdo、sqliteがあるのを確認してください。

>>Go to top


道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net