VineLinux4.2でWebServer(ClamAVインストール)

スポンサード リンク

お願い
本サイトは、管理人:うまがメモ帳代わりに作成したサイトです。
なお、このサイトの内容に関して動作保障など一切の責任は持ちませんので、自己責任の上行ってください。

Linuxはほとんどウイルスにかからないと言われていますが、不安なのでアンチウイルスソフトのClamAVをインストールします。
ClamAVはコマンドで操作します。ClamAVをGUIで操作できるフロントエンドソフトも用意されています。ClamTKKlamAVなどです。
今回はKlamAVもインストールします。

ClamAVの入手

インストールはProFTPD同様アップグレードの方法でSynapticから行います。
バージョンは、0.93.3です。また、下記URLからClamAVの詳細がわかります。
URL:http://www.clamav.net/

日本語のページもあります。
URL:http://clamav-jp.sourceforge.jp/

Linuxの場合は、各デストリビューション(Vineもその中のひとつ)で用意しているので、そのバージョンを使用します。

インストール方法は、ApacheやPHPと同じ方法で行います。

>>Go to top

ClamAVのインストール

Synapticを立ち上げ、検索でclamを検索します。

clamavclamav-develをクリックすると窓が出てくるのでインストールをクリックします。下の画面になります。四角に黄色矢印がつきます。

全てアップグレードをクリックし適用をクリックします。確認画面が出るので、適用をクリック。インストールを開始します。

clamavclamav-develの四角が緑色になっていればインストール終了です。

>>Go to top

ClamAVのUPDATE

インストールが終了したら、UPDATEをしてウイルスパターンを最新に更新します。
GNOME端末を立ち上げ、SUでrootに入ります。
下の2つの設定ファイルを書き換えます。
/etc/clamd.conf
/etc/freshclam.conf

clamd.confを書き換えます。

gedit /etc/clamd.conf

clamd.confの画面が出たら、8行目にあるExampleをコメントアウトします。

Example → #Example

次にfreshclam.confを書き換えます。

gedit /etc/freshclam.conf

clamd.confの画面が出たら、8行目にあるExampleをコメントアウトします。

Example → #Example

次にUPDATEをします。

freshclam

と入力しEnter。これでUPDATEを開始します。

>>Go to top

ウイルススキャン

ウイルスパターンを最新に更新したら、ウイルススキャンを行います。
GNOME端末は立ち上がっている場合は、スキャンしたいフォルダを指定します。例えば/home/web以下のフォルダとファイルをスキャンするとします。

cd /home/web
clamscan -r

と入力しEnter。
少しするとスキャンが始まります。

----------- SCAN SUMMARY -----------
Known viruses: 396679
Engine version: 0.93.3
Scanned directories: 47
Scanned files: 470
Infected files: 0
Data scanned: 13.10 MB
Time: 34.510 sec (0 m 34 s)

上の表示が出たらスキャン終了です。
もし、ウイルスに犯されているファイルが5ファイルある場合は、Infected files:のところに"0"ではなく"5"と表示されます。

>>Go to top


道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net