VineLinux5.0でWebServer(vsftpdインストール)

スポンサード リンク

お願い
本サイトは、管理人UMAがメモ帳代わりに作成したサイトです。なるべくGUIの操作で、できるようになっています。
なお、このサイトの内容に関して動作保障など一切の責任は持ちませんので、自己責任の上行ってください。

インストール

インストールはSynapticから行います

インストール方法は、PHP5と同じ方法で行います。

パネルにあるシステム→システム管理→Synapticを選択します。パスワードをいれ、Synapticを立ち上げ、検索でvsftpdを検索します。vsftpdをクリックすると窓が出てくるのでインストールをクリックします。四角に黄色矢印がつきます。
全てアップグレードをクリックし適用をクリックします。確認画面が出るので、適用をクリック。インストールを開始します。終了後、vsftpdの四角が緑色になっていればインストール終了です。

Apacheで設定したDocument Root"/home/page/html"page以下を見えるようにします。

設定

vsftpdの設定ファイルは、vsftpd.confです。etc/vsftpdの中にあります。

パネルのある端末を選択します。コマンドラインが出るので、su -と入力しEnter。パスワードをきいてくるので、ROOTのパスワードを入力しEnter。#にかわったら、leafpad /etc/vsftpd/vsftpd.confと入力しEnter。leafpadのエディタとvsftpd.confの内容が表示されます。

以下の内容を変更します。

# Example config file /etc/vsftpd/vsftpd.conf
#
# The default compiled in settings are fairly paranoid. This sample file
# loosens things up a bit, to make the ftp daemon more usable.
# Please see vsftpd.conf.5 for all compiled in defaults.

# If you want, you can arrange for uploaded anonymous files to be owned by
# a different user. Note! Using "root" for uploaded files is not
# recommended!
#chown_uploads=YES
#chown_username=whoever
#
# You may override where the log file goes if you like. The default is shown
# below.
#xferlog_file=/var/log/vsftpd.log→#をとってxferlog_file=/var/log/vsftpd.logに変更。(51行目)
#
# If you want, you can have your log file in standard ftpd xferlog format.
# Note that the default log file location is /var/log/xferlog in this case.
xferlog_std_format=YES
#
# You may change the default value for timing out an idle session.
#idle_session_timeout=600→#をとってidle_session_timeout=600に変更。(58行目)
#
# You may change the default value for timing out a data connection.
#data_connection_timeout=120
# By default the server will pretend to allow ASCII mode but in fact ignore
# the request. Turn on the below options to have the server actually do ASCII
# mangling on files when in ASCII mode.
# Beware that on some FTP servers, ASCII support allows a denial of service
# attack (DoS) via the command "SIZE /big/file" in ASCII mode. vsftpd
# predicted this attack and has always been safe, reporting the size of the
# raw file.
# ASCII mangling is a horrible feature of the protocol.
#ascii_upload_enable=YES→#をとってascii_upload_enable=YESに変更。(80行目)
#ascii_download_enable=YES→#をとってascii_download_enable=YESに変更。(81行目)
#
# You may fully customise the login banner string:
#ftpd_banner=Welcome to blah FTP service.
#
#
# You may activate the "-R" option to the builtin ls. This is disabled by
# default to avoid remote users being able to cause excessive I/O on large
# sites. However, some broken FTP clients such as "ncftp" and "mirror" assume
# the presence of the "-R" option, so there is a strong case for enabling it.
#ls_recurse_enable=YES→#をとってls_recurse_enable=YESに変更。(103行目)
#
# When "listen" directive is enabled, vsftpd runs in standalone mode and 
# listens on IPv4 sockets. This directive cannot be used in conjunction 
# with the listen_ipv6 directive.
listen=YES
#
# This directive enables listening on IPv6 sockets. To listen on IPv4 and IPv6
# sockets, you must run two copies of vsftpd whith two configuration files.
# Make sure, that one of the listen options is commented !!
#listen_ipv6=YES

pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
tcp_wrappers=YES
use_localtime=YES

変更が終了したら、保存して終了。

>>Go to top

user_listの設定

次に、user_listを設定します。このファイルは、ftpができる、できないフォルダを指定します。指定しないと、ユーザとパスワードがわかってしまうとftpクライアントから丸見えになってしまいます。

場所は、/etc/vsftpd/user_listになります。

設定は、.confと同じです。/home/pageが見えるようにします。user_listに追記をします。なお、#をつけるとftpで見ることができます。

# vsftpd userlist
# If userlist_deny=NO, only allow users in this file
# If userlist_deny=YES (default), never allow users in this file, and
# do not even prompt for a password.
# Note that the default vsftpd pam config also checks /etc/vsftpd/ftpusers
# for users that are denied.
root
bin
daemon
adm
lp
sync
shutdown
halt
mail
news
uucp
operator
games
nobody
#page←追加   

セキュリティレベルの変更

このままでは、機能しません。ポート21をあけます。
パネルのあるシステム→システム管理→セキュリティレベルとファイヤーオールの設定を選択します。
パスワードをきいてくるので、入力します。セキュリティレベルの設定画面が表示されるので、信頼できるサービスのFTPにチェックを入れてOK。これで、ポート21があきます。

起動

起動方法は、サービスの設定から行えます。Apache2の起動を参考にしてください。vsftpdにチェックを入れて開始をクリックすれば完了です。なお、今回はProFTPDから変更をしているので、ProFTPDは停止させます。


道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net