道楽の部屋>WEB SERVER(VineLinux5.0)>VineLinux5.0(OS INSTALL)

VineLinux5.0でWebServer(OSインストール)

スポンサード リンク

お願い
本サイトは、管理人UMAがメモ帳代わりに作成したサイトです。なるべくGUIの操作で、できるようになっています。
なお、このサイトの内容に関して動作保障など一切の責任は持ちませんので、自己責任の上行ってください。

VineLinuxの入手

VineLinuxは下記URLから入手が可能です。
URL:http://vinelinux.org/

URLをクリックする、左の画面が表示されたら、ダウンロードをクリックする。

左の画面(ミラーサイト)が表示されるので、赤丸で囲まれている|Vine Linux 5.0/i386CD ISO ハイブリッドイメージ|を選択(クリック)する。
ダウンロードの画面が表示されるので保存をクリックする。ダウンロード開始。

ダウンロードが終了後、インストール用CDを作成する。最近のLinuxは、CDだと5枚から6枚になるが、VineLinuxは1枚ですむ。

>>Go to top

VineLinuxのインストール

下記URLでインストール手順がわかります。
http://vinelinux.org/install-guide/index.html

以下が、今回インストールした手順です。
まず、PCがCDブートになっているかを確認します。

CDが立ち上がると左の画面が表示されます。ここは、EnterKeyを押します。

オープニング画面が表示されます。画面が表示されない場合は、GUIでインストールができないのであきらめたほうがいい。(TEXT方式もあるが知識がないと難しい。)

VineLinuxへようこその画面が表示されます。ここは、次へをクリック。

言語の選択画面が表示されます。日本語を選択して次へをクリック。

キーボード設定画面が表示されます。日本語を選択して次へをクリック。

アップグレードの検証画面が表示されます。新規インストールなのでインストールを選択し次へをクリック。

インストールの種類画面が表示されます。サーバーを選択し次へをクリック。サーバーを選択するとインストール時にApache2もインストールしてくれます。

ディスクパーティションの設定画面が表示されます。新規作成なので自動でで行います。自動パーティション設定を選択し次へをクリック。

自動パーティション設定画面が表示されます。システムすべてのパーティション削除を選択し次へをクリック。警告が出るのではいをクリック。
注意:これを選ぶとディスクに保管していたデータがすべて消えます。
なお、今回自作したServer(SDメモリ)を使用していたが、VineLinux5.0では認識しなかった。ためしに、4.2で確認したが4.2では認識した。
結果、SDメモリは使用できず、たまたまあまっていたHDDを使用したため、他のLinuxがインストールされていたのですべてのパーティション削除を選択した。

ディスクの設定画面が表示されます。確認して次へをクリック。

ブートローダの設定画面が表示されます。変更する必要がないので、確認して次へをクリック。

ネットワークの設定画面が表示されます。とりあえずDHCP経由で自動設定を選択し次へをクリック。あとで設定を変更することができます。

ファイアウォールの設定画面が表示されます。今回は、WebのはかにFTPとメールも行うのでWebサーバーファイル転送メールサーバーにチェックをして次へをクリック。

追加言語のサポート画面が表示されます。Japaneseにチェックがあれば次へをクリック。

タイムゾーンの選択画面が表示されます。Asis/Tokyoになっていれば次へをクリック。

Rootパスワードの設定および一般アカウントの作成画面が表示されます。
Rootのパスワードは、管理者権限で操作するときに使いますので、複雑なパスワードを登録します。一般ユーザアカウントは、PC立ち上げのときに必要です。ユーザー名(ID)とパスワードを登録します。
パスワードはRootとは違うパスワードを登録します。
登録が終了したら次へをクリック。

パッケージグループの選択画面が表示されます。X ウインドウシステム・GNOMEデスクトップ環境・グラフィカルインターネットにチェックが付いているか確認しチェック(選択)が付いていない場合は、チェックをして次へをクリック。(これを忘れるとGUIでの操作がインストール後できなくなる)

インストール準備完了画面が表示されます。次へをクリック。

パッケージのインストール画面が表示されます。インストールが開始されます。

インストール完了画面が出ます。再起動をクリックしてインストール終了です。

>>Go to top

設 定

再起動後、ID・パスワードをきかれるので、一般ユーザアカウントで登録したID・パスワードを入力します。この後はパッケージのアップグレードを行います。Windowsで言うとアップデートみたいなものです。

ID・パスワードを入力すると左の画面が出ます。

上部にあるツールバーのデスクトップをクリック、システム管理→Synapticパッケージマネージャ(この操作はWindowsとほぼ同じ)を選択(クリック)するとパスワードを要求する画面が出ます。ここでインストール時に登録したRootのパスワードをいれてOKをクリック。

Synapticが立ち上がります。
画面上部にある再読込をクリック。
左側のアプリケーションの欄に種類が増えます。画面上部にある全てアップグレードをクリック。
アップグレードするパッケージが表示されます。マークをクリック。
画面上部にある適用をクリック。
確認画面が表示されるので、適用をクリック。
アップグレードが開始します。
アップグレードが終了したら閉じるクリックし、Synapticを終了してください。

>>Go to top


道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net