VineLinux5.0でWebServer(clamavインストール)

スポンサード リンク

お願い
本サイトは、管理人UMAがメモ帳代わりに作成したサイトです。なるべくGUIの操作で、できるようになっています。
なお、このサイトの内容に関して動作保障など一切の責任は持ちませんので、自己責任の上行ってください。

インストール

インストールはSynapticから行います。
バージョンは、0.95.2です。

インストール方法は、PHP5と同じ方法で行います。

パネルにあるシステム→システム管理→Synapticを選択します。パスワードをいれ、Synapticを立ち上げ、検索でclamavを検索します。clamavをクリックすると窓が出てくるのでインストールをクリックします。四角に黄色矢印がつきます。
全てアップグレードをクリックし適用をクリックします。確認画面が出るので、適用をクリック。インストールを開始します。終了後、clamavの四角が緑色になっていればインストール終了です。

設定

clamavの設定ファイルは、clamd.conffreshclam.confです。etc/の中にあります。

パネルのある端末を選択します。コマンドラインが出るので、su -と入力しEnter。パスワードをきいてくるので、ROOTのパスワードを入力しEnter。#にかわったら、leafpad /etc/clamd.confと入力しEnter。leafpadのエディタとclamd.confの内容が表示されます。

以下の内容を変更します。

clamd.conf

Example→#Exampleに変更。(8行目)

同様に、freshclam.confも変更します。

Example→#Exampleに変更。(8行目)

変更が終了したら、保存して終了。

>>Go to top

アップデート

次にアップデートをします。パターンファイルを最新にします。端末からROOTに入り以下のコマンドを入力します。

freshclam

以下のメッセージが出てアップデートがうまくいかない。

[root@localhost ~]# freshclam
ClamAV update process started at Sun Jan  3 12:37:54 2010
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.95.2 Recommended version: 0.95.3
DON'T PANIC! Read http://www.clamav.net/support/faq
main.cvd is up to date (version: 51, sigs: 545035, f-level: 42, builder: sven)
WARNING: getfile: daily-9451.cdiff not found on remote server (IP: 130.59.10.36)
WARNING: getpatch: Can't download daily-9451.cdiff from database.clamav.net
WARNING: getpatch: Can't download daily-9451.cdiff from database.clamav.net
WARNING: getfile: daily-9451.cdiff not found on remote server (IP: 130.59.10.36)
WARNING: getpatch: Can't download daily-9451.cdiff from database.clamav.net
WARNING: Incremental update failed, trying to download daily.cvd
Downloading daily.cvd [100%]
daily.cvd updated (version: 10248, sigs: 138138, f-level: 44, builder: mcichosz)
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Current functionality level = 43, recommended = 44
DON'T PANIC! Read http://www.clamav.net/support/faq
Database updated (683173 signatures) from database.clamav.net (IP: 130.59.10.36)
[root@localhost ~]# 

原因は、赤字のところでバージョンが0.95.2から0.95.3になっているため、アップデートができない。clamavはバージョンが違うとアップデートができない。

バージョンアップ

0.95.3へバージョンアップを行います。ソースから行います。まず、clamavの最新を以下のURLからダウンロードをします。
URLは、http://sourceforge.net/projects/clamav/

ダウンロードが完了後、ファイルを展開します。展開方法は、ダウンロードしたフォルダに入りダウンロードファイル(clamav-0.95.3tar.gz)を右クリックし書庫マネージャーで開くを選択、展開を選択し、展開先を選んで展開する。展開後は、端末からのコマンド操作になるのでかな・漢字以外のフォルダを選択したほうが良い。VineのFireFoxでダウンロードすると、ダウンロードフォルダに落ちるため。今回は、rpmフォルダに展開した。

展開後は、端末からコマンドで行う。順序は、./configure、make、make installの順で行う。
端末を開いて、ROOTに入りrpmフォルダへ移動する。ユーザーはserverに設定している。

cd /home/server/rpm   これで、rpmのフォルダに移動。
ls   これで、rpmフォルダ内のファイル・フォルダ一覧が見える。clamav0.95.3のフォルダがあるので
cd clamav0.95.3   これで、clamavのフォルダに移動
ls   clamavのフォルダにconfigureがあるのをを確認。
./configure   を実行する。終了したら
make   終了したら
make install   終了したらインストール完了です。

なお、インストールには時間がかかります。また、./configureの途中で以下のエラーがでます。
configure:error:User clamav(and/or group clamav)dosen't exist.Please read the documentation!
内容は、clamavのユーザがないというエラーです。postfixで作成したように
useradd clamavで作成をしてあげればエラー出ません。./configureを行う前にユーザを作成しておきます。

次に設定ファイルを変更します。方法は、同じですがソースからのインストール場合は、clamd.conf・fresh.clam.confのある場所が変わります。場所は、usr/local/etcの中にあるので再度変更をします。

再度、アップデートを行います。

[root@localhost ~]# freshclam
ClamAV update process started at Sun Jan  3 16:17:14 2010
main.cvd is up to date (version: 51, sigs: 545035, f-level: 42, builder: sven)
Downloading daily-10239.cdiff [100%]
Downloading daily-10240.cdiff [100%]
Downloading daily-10241.cdiff [100%]
Downloading daily-10242.cdiff [100%]
Downloading daily-10243.cdiff [100%]
Downloading daily-10244.cdiff [100%]
Downloading daily-10245.cdiff [100%]
Downloading daily-10246.cdiff [100%]
Downloading daily-10247.cdiff [100%]
Downloading daily-10248.cdiff [100%]
Downloading daily-10249.cdiff [100%]
daily.cld updated (version: 10249, sigs: 138149, f-level: 44, builder: guitar)
Database updated (683184 signatures) from database.clamav.net (IP: 120.29.176.126)
[root@localhost ~]# 

無事アップデートが完了しました。

スキャン

アップデートも無事できたので、スキャンを開始します。コマンドから行います。ROOTからスキャンしたいフォルダに入ります。たとえば、今回設定したhome/以下をスキャンと結果をlogファイルに出力します。logファイル/var/log/clamd.log/とします。-iは、Infected files:が0以外の場合に出力されます。

clamscan -l /var/log/clamd.log -i -r

これで、スキャンが開始されます。以下の結果が出ればOKです。もし、悪いのがいた場合はInfected files:が0以外になります。

----------- SCAN SUMMARY -----------
Known viruses: 682468
Engine version: 0.95.3
Scanned directories: 225
Scanned files: 2414
Infected files: 0
Data scanned: 65.99 MB
Data read: 65.53 MB (ratio 1.01:1)
Time: 29.080 sec (0 m 29 s)
[root@localhost html]# 

アップグレード(0.95.3→0.96)

freshclamを実行したら、エラーが帰ってきた。内容は、バージョンが違う。上のエラーと同じ。いつの間にか、0.96になっている。
0.96へアップグレードを行う。といっても0.95.3をアンインストールして、0.96をインストールする。

手順は以下の通り。ただし、0.95.3をインストールしたときの元のフォルダが残っていることを前提とする。

端末を立ち上げて、前回インストールしたフォルダに入る。フォルダ名は、変更をしていなければ、clamav-0.95.3のはず。
ここで、root権限に入り以下のコマンドを入力しする。

make uninstall

これで、clamavはアンインストールされました。つぎは、上のバージョンアップと同じ手順で0.96をインストールします。
なお、freshclam.confclamd.confは、書き換わらないのでそのまま使用できます。
makeは、0.95.3のときよりも数倍時間がかかります。


道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net