雷電社

道楽の部屋 >久喜市の神社 >雷電社(西大輪)

社  史

当社の境内に、社殿が2つある。一つは当社、もう一つは大輪神社の「御仮屋」と呼ばれているものである。当社の創建は不明であるが、もともと御仮屋と呼ばれている社殿は、鷲明神社と呼ばれていた江戸時代は村の鎮守であった。当社のその末社であったが、鷲明神社が明治42年5月5日東大輪の八幡社へ合祀されたが、当社だけ現在地に残された。

ご祭神
別雷命

アクセス

西大輪243
地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

鳥居手水鉢お仮屋
こまいぬ

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net