諏訪神社

道楽の部屋 >白岡市の神社 >諏訪神社(爪田ヶ谷)

社  史

当社の鎮座地は爪田ヶ谷の中でも一番の高台に当たり、かつては南東に広がる沼(現在は埋め立ててある)を望める場所であった。口碑によると、この辺りの景観が信濃国の諏訪の地に似ていることから、沼を諏訪湖に見立て、その辺りの高台に諏訪大社の分霊を奉斎したことに始まるという。明治初年村社となった。

ご祭神
建御名方命

アクセス

爪田ヶ谷585
地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

鳥居手水舎手水鉢
こまいぬ愛宕社

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net