雷電社・湯殿社合殿

社  史

創建時期は不明だが、口碑によると雷電社が元から現在地にあったのに対して、湯殿社は通称を「権現様」といい、外国府間の村の中でも一番の耕地である宮下に鎮座していたが、権現堂川の近くで洪水に襲われることが多かったため、雷電社のそばにに遷座したという。明治5年に村社となり、この時に両社が合殿になったと思われる。

ご祭神
別雷大神

アクセス

幸手市外国府間528
YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

鳥居手水鉢青面金剛
こまいぬ稲荷神社
天神様

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net