香取神社

道楽の部屋 >幸手市の神社 >香取神社(惣新田)

社  史

口碑によれば、当地の開発は弘治元年(1555)に、美濃国高須城主の三男鈴木三郎高俊が移住してきて行ったものと伝えられており、当社は村の開発後まもなく、その繁栄と安泰を願い、大社で武神として名高い香取・鹿嶋の2柱を勧請して祀ったことに始まると考えられている。

ご祭神
経津主命

アクセス

幸手市惣新田2586
地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

1の鳥居2の鳥居記念碑
こまいぬ石祠 鹿嶋社・稲荷社

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net