香取神社

道楽の部屋 >杉戸町の神社 >香取神社(才羽)

社  史

当社を創建した久田久太郎は、伊勢の領主某の陪臣であったが、慶長年中(1596-1615)故あってこの才羽の里に移り、荒野を開発して村を興した。また、当時下総国に属していたことから、村の鎮守として国の総社香取神社を祀ったとある。明治39年に才羽字東米ノ谷鎮座の八幡神社へ合祀されてしまった。以来氏子は、当社を旧地に戻すことを熱望したが時期を得ず、太平洋戦争後の昭和25年に至り、念願の再興を果たした。

ご祭神
経津主命

アクセス

杉戸町才羽1898
地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

手水鉢

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net