姫宮神社

道楽の部屋 >宮代町の神社 >姫宮神社(姫宮)

社  史

創建については、社伝では、桓武天皇の孫の宮目姫が下総国へ下向の途中、当地に立ち寄った際、紅葉の美しさに見とれているうちに、にわかの病で倒れて息途絶えてしまった。後に、当地を訪れた慈覚大使円仁がこの話を聞いて、姫の霊を祀ったのが初めであるという。古くから、乳の出が悪い産婦が参拝すると良くなると信じられている。

ご祭神
多記理姫命(たぎりひめ)
市杵島姫命(いちきしまひめ)
多記津姫命(たぎつひめ)<

アクセス

宮代町姫宮373
地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

鳥居手水舎手水鉢
こまいぬ神楽殿
力石稲荷社石祠 稲荷社
香取・鹿島社天神社地主社
八幡社三峯社

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net