稲荷神社

道楽の部屋 >宮代町の神社 >稲荷神社(百間)

社  史

口碑によるもので、豊臣家の家臣であった加藤某が大阪城落城の後、京都伏見稲荷神社の分霊を自らの守護神ととして受け、当地まで落ち延び帰農して開拓するにあたり、その守護神を作神として祀ったという。当社は初め加藤家の氏神として江戸の初期に創建されたが、その後村人から厚く信仰されるようになったため、村の鎮守となった。明治6年に村社となった。

ご祭神
宇迦之御魂命

アクセス

宮代町百間1093
地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

鳥居手水鉢力石
雷電社天満宮庚申塔

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net