稲荷神社

道楽の部屋 >さいたま市岩槻区の神社 >稲荷神社(南平野)

社  史

「風土記稿」平野村の項には「稲荷社 村の鎮守にして、村民の持、本地十一面観音を安、末社 天神 聖天 牛頭天皇」とある。明治初年の神仏分離を経て、当社は村社となった。なお、昔は稲荷様は西向きであったが、岩槻城の殿様が稲荷様の前の道で落馬したことから、今の向きに改めたと伝えられる。

ご祭神
倉稲魂命(うかのみたま)

アクセス

さいたま市岩槻区南平野1-33
地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

鳥居手水鉢きつね
本殿内のきつね天神・天神天満宮・戸隠神社・榛名神社
秋葉神社・三峰神社大山阿夫利神社浅間神社
庚申塔

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net