立野天満宮(てんじんさま)

社  史

創建は、元久年間(1204-06)に下総国東葛飾郡の金野井城主野本将監没落後、一族が逃れてこの地に移住し、松ノ木の天満宮を勘定したのに始まる。その後、享保11年(1726)に鎮座地の辺りが低地で水害に被りやすかったことを理由に500m東北の現在地に遷座したという。
明治7年村社となった。明治22年に立野村を含む近隣7か村が合併し富多村が成立し、大正初めの1村1社制により、神間の石神社へ当社を合祀しようとしたが、立野に有力者が多かったことから話は立ち消えとなった。

ご祭神
菅原道真公(すがわらのみちざねこう)

アクセス

春日部市立野435
地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

1の鳥居2の鳥居手水鉢
鳥居
聖徳社御嶽神社稲荷神社
石祠群 龍神・天満・天満・天神御神牛庚申塔
庚申塔

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net