照国神社

道楽の部屋 >全国の神社 >照国神社(鹿児島県鹿児島市)

社 史

祭神は文化6年9月に誕生され、安政5年7月に亡くなられた。文久2年城西南泉院の郭内に社地を選定し、元治元年社殿を竣工、照国神社と称した。公は幕末内外多事多難のとき、国家の前途を洞察して対処し、尊皇尽忠を基として学問を奨励した。また西欧文明導入にも意を用いられた。安政元年7月11日は、公の創案により、日章旗を総船印とする旨の布達のあった日で、これが国旗誕生制定の記念日であり、国旗祭を斎行する。明治6年県社、明治15年別格官弊社に列格。昭和20年戦災で全焼したが、昭和33年現社殿を造営、のち拝殿・神門・手水舎を造営して今日に至る。

ご祭神
島津斉彬公

アクセス

鹿児島市照国町19-35
地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

鳥居手水舎手水鉢
神門休憩所斉鶴

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net