香取神社

道楽の部屋 >越谷市の神社 >香取神社(大松)

社  史

創建の時期は不明。江戸時代は大松村の鎮守として祀られてきた。かつては、阿弥陀如来、十一面観音、千手観音の三体の仏像も納めていた。明治9年ごろ神仏分離により、これらの仏像を地内の相心寺に移したが、明治30年に天然痘がはやり、これを祟りとして当社に戻した。大正2年に再び仏像を相心寺に運び入れた。相心寺は昭和初めに廃され大松集会所として使用されている。

ご祭神
経津主(ふなつぬし)命

アクセス

大松115
地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

鳥居手水舎参道庚申塔と供養塔
鳥居 手水舎 参道 庚申塔
狛犬
狛犬1 狛犬2
左から雷電・稲荷・天神社八坂社
3末社 八坂

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net