清蔵院の山門(有形文化財)

昭和59年9月27日指定

山門は屋根など一部改造されているが、棟札により寛永15年(1638)関西の工匠による建立であるのが確認される。欄間に掲げられている龍の彫刻をはじめ虹梁の彫刻なども江戸初期の素朴な様式をうかがわせている。越谷では数少ない江戸時代初期の建造物として貴重なもの。

場 所

  • 蒲生本町13-41
  • 地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

欄間の龍

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net