廿一仏板石塔婆(有形文化財)

昭和36年3月1日指定 埼玉県指定

この板石塔婆は、高さ153cm、幅46cm。廿一仏は比叡山の鎮守神、山王21社の本地仏とされ、その信仰は平安時代に始まり、江戸時代に至って庶民に広まったものである。なお、享禄2年(1529)に小島家の祖先が慈光庵を現在地に建立し、その境内に造立したのがこの板石塔婆だと伝えられている。

場 所

  • 増森1775
  • 地図 YAHOO地図より

スポンサード リンク


Photo

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net