古いNotePCでubuntu8.04(HARDWARE)

スポンサード リンク

お願い
本サイトは、管理人:うまがメモ帳代わりに作成したサイトです。
なお、このサイトの内容に関して動作保障など一切の責任は持ちませんので、自己責任の上行ってください。

ハードウェア構成

NotePC本体(標準構成)
日立FLORA220FX B5サイズ(CPU:Mobile Intel Celeron600MHz、メモリー:64MB、HDD:10GB)
XP HomeEdition導入時の構成
メモリー 64MB → 256MBへ増設。これでも結構XPは動いていた。
無線LANを使用。カードはCorega CG-WLCB54GL
ubuntu導入時の構成
メモリー 256MB → 512MBへ増設。
HDD 10GB → 60GBへ交換。

FLORA 220FX NP7

本体の写真

画面は、12.1型TFTカラー、解像度は1,024×768ドット(16ビット、65,536色)になっているが、800×600ドットにすると32ビット、16,777,216色まで設定が可能になるubuntuをインストールしたときに、ここで設定が大変だった。

HDDを60GBに交換
WindowsとLinux ubuntuを入れたいので10GBでは不安。60GBのHDDに交換。交換作業は、大変で今回パッドのケーブルを駄目にしてしまい現在は使用不可状態。
HDDは、30GBづつにしている。
メモリーを512MBに増設
ubuntuのホームページ上のシステム要件に少なくとも256メガバイトのRAM(Desktop CDを使ってインストールする場合は少なくとも384メガバイトのRAM)と4ギガバイトのディスクスペースが必要です。と記載されている。
インストールは、DesktopCDから行おうと思っていた。FLORA220はカタログ上で、最大256MBまでとなっている。どうしようかと考えていたところ、たまたまネットで、チップセットIntel 440BXはメモリーが1GBまで認識できることを発見。しかも、256bitは256MBまでしか認識しないが、128bitであれば1GBまで認識できるらしいことが載っていた。
FLORAのチップセットは440BXなので早速、秋葉原で購入(中古)した。
ただ、本当に認識するかは、挿してみないとわからないので、ばくちに近かいが立ち上げてみると無事認識してくれた。

これで、ubuntuのインストールが出来そうだ。

128bitのメモリーは、購入した店員もわからないので(確認のため聞いてみたがわからなかった)下の写真を参考にしてください。なお、128bit512MBのメモリーは販売していないみたいなので1GBへの挑戦は無理かも。

一般的なもの。メモリーチップが片面に8個付いている。

BUFFALO製。メモリーチップが片面に16個付いている。

256bitのメモリー。片面に4個付いている。
 このタイプのメモリーで512MBを入れても256MBまでしか認識しなかった。

実際に使用してみて

WindowsXP Homeと比べてみて、スピード感はほとんど変わらない。もしかすると、若干いいかもしれない。インターネットなど私用で使う分には、十分すぎる。
WindowsVistaは、動かないし、XPもまもなくなくなる。でも、このNotePCは動いているのでこのまま使いたい。ubuntuのよさは今回実感したので、使っていこうと思う。


道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net