Ibanez GAX50の再塗装

お願い
組み立て・調整は自己責任の上で行ってください。

よせばいいのに、前回のAX120で気を良くし、またオイルステインで塗装してみたくなってしまった。AX120はマホガニーだったので違う材を処理したく思いまた、どうせなら同じ形が良いと探していると「Ibanez GAX50」を見つけたので購入した。GAX50の材はバスウッド。

前回同様、アイロンを使ってはがしてみた。AX120よりかは簡単にはがれたが。

下地はが残ている。GAXなので薄いかと思ったがAXより頑丈でアイロンでも剥せない。このまま終わるのも悔しいので、イチかバチかでディスクサンダーを使ってみた。巧く削れたが削りかすがすごかったのと、音がすごかった。近所迷惑もはなはだしいと思われる。

下地を削り終わったあと。サイド(横)はやすりを使用して削り取った。

一回目の塗り。

今回は、オイルステインではなく、アサヒペン水性ステインを使用、ニスはカンペハピオの速乾ニスを使用してみた。

間は、前回同様の手順で行ったのでカット、完成です。

使用したディスクサンダー

サイドを削るのに使用したやすり。

BodyNeckElectronics
Body type:
Solid body
Neck type:AXPickup configuration:
HH
Body material:
Basswood
Neck material:
1pc. Maple neck
Bridge pickup:STD-H2 (H)
Bridge:Tune-O-Matic typeFingerboard material:
Rosewood
Neck pickup:STD-H1 (H)
Neck joint:Bolt-onFingerboard inlays:
Pearl dot
Controls:
1 volume / 1 tone / 3-way toggle

Frets:22 / medium

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net