Canon T80

道楽の部屋 > cameracollection > Canon T80

Canon T80

キヤノン初の市販オートフォーカス式35mm一眼レフカメラ。
撮影モードの設定が外部LCD(液晶)表示によるピクトグラフ(絵文字)選択式を採用している。
交換レンズは、FDマウントながら信号伝達機構付きからACレンズと呼び、標準レンズのAC50mm F1.8の他に、AC35-70mm F3.5-4.5、AC75-200mm F4.5のレンズがある。

仕様
レンズFDマウント(AC方式信号伝達機構付き)
シャッター速度縦走行電子制御フォーカルプレーン
B~1/1000
AF方式CCD利用TTL鮮鋭度検出方式(専用ACレンズ)
検出範囲:EV4~18(ISO 100:f1.8)
測光方式SPC素子使用、TTL開放測光
測光範囲:EV1~19(ISO 100:F1.4)
視野率92%
ISO12~1600
電池単4型乾電池×4
大きさ・重さ幅 141mm、高さ 102mm、厚さ 55mm、重さ 555g(ボディのみ)
発売年1985年4月
発売価格128,000円(AC35-70mm F3.5-4.5付き)
85,000円(ボディのみ)

スポンサード リンク


写真

AFレンズ35-70mm
LCD表示部フィルム感度は手動で設定する。

試し撮り

CANONで初めてのAFレンズで撮影をした。
シャッター半押しで、ウィーン・ウィーンという感じでピントがあっていく。今のオートフォーカスに慣れているとじれったくなるぐらい遅い、またあまり近すぎると、一生懸命あわせようとしますがまったく合わず、ずーと動きっぱなしになる。
なんともかわいいレンズです。
下にあるスイッチはマクロ撮影かまたは通常撮影かを選択できます。
上にあるスイッチは、オートにするかマニュアルにするか選択スイッチです。


使用したレンズ:35-70mm CANON AC ZOOM LENS
この写真は、Hp製フイルムスキャナ(PhotoSmartS20)で、デジタル化しました。


道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net