道楽の部屋 > cameracollection > Nikomat FT2

Nikomat FT2
仕様
レンズニコンFマウント
シャッター速度機械制御上下走行式メタルフォーカルプレーン
B、1~1/1000
視野率92%
測光方式中央部重点測光
ISO12~1600
電池酸化銀電池(SR44型)1.55V×1
大きさ・重さ幅 148mm、高さ 96mm、厚さ 54mm、重さ 780g(ボディのみ)
発売年1975年3月
発売価格64,000円(レンズ付)

スポンサード リンク


写真

FT2になり、ホットシューが標準で付いた。また、電池が酸化銀電池SR44になり、今でも問題なく使えるようになった。

分解

分解・組み立て・調整は自己責任の上で行ってください。

巻き上げレバーをチャージしてシャッターを押したが切れない。何回かに一回切れる状態なので分解し、確認を行う。

 裏蓋をはずし、チャージしてシャッターを押してみる。やはり何回かに1回シャッターが切れる。

 黒いカバーをはずすと、巻き上げレバーがあり、中のメカも見る。再度巻き上げシャッターを押してみる。何回かやっているうちに原因がわかってきた。

 赤丸の銀色のレバーに本来であればシャッターレバーが引っかかるのが、動きが悪いためか引っかからない。このレバーを綿棒にアルコールつけて掃除をしてみる。ただし、狭い場所のため綿棒が入らない場合がある。あとは、微量のCRC5-56をたらしてみた。

 シャッターが切れないときは、赤丸のような状態。

 掃除して、注油後はレバーの動きが良くなり、チャージすると赤丸のようにレバーが現れる。その後、何回か行った結果問題なくシャッターが切れた。これで、試し撮りにいってみようと思う。

試し撮り

この写真は、Hp製フイルムスキャナ(PhotoSmartS20)で、デジタル化しました。
使用したレンズ:NIKKOR 50mm 1:2

道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net