道楽の部屋 > オーディオの自作とリペア > デジタル容量計作製

スポンサード リンク

目的

アンプを修理(改造)をしようと思ったが、フイルムコンデンサーがぼろぼろになっておりまったく容量がわからない。どうしようかとネットを見ていたら、秋月電子からデジタル容量計のキットが950円で販売しているのを見つけた。
試しに作ってみようと秋月電子で購入。

作製する。


左がキットの中身。右が作製したキット。
このままだと使いづらいので、ケースに入れることにする。いつものように、100円ショップで調達。
調達したケース。


ケースに組み込んだ様子。電源は、9V電池にしてみた。ACアダプターからも取れるようになっている。
かかった費用
デジタル容量計キット:950円
9V電池ホルダー:80円
ケース:100円
電池スナップは、家に有った物を使用。

測定してみる。


左の写真が、今回測定するコンデンサー。印刷が消えていて、容量が不明。右が測定しているところ。217nFと表示されている。ということは、0.2uFのコンデンサでOKと思われる。
この容量計は、u、n、pの単位で表示される。ただ、お店では、uかpの単位で販売しているのでnで表示された場合はuかpにして単位を変えて買いに行きます。
100pF = 0.1nF = 0.0001uF
100nF = 0.1uF