道楽の部屋 > オーディオの自作とリペア > M55のリペア

スポンサード リンク

ONKYO M55をリペア。

 近くのリサイクルショップでジャンクのONKYO M55を見つけた。片方のツーイーター音出ず。見た目のよさと1,500円の安さでいつもの衝動買い。自宅で音だしをすると確かに片方から高音が出ない。しかも低音が割れている。しかも埃だらけで汚い。とりあえずツーイーターから音が出ないので点検してみる。
なお、左の写真は清掃後の写真。


なお、分解・改造・調整は自己責任の上で行ってください。

ツーイーターを点検。


ツーイーターを外してみるとこれが汚い。埃だらけ。とりあえず分解をして点検をしみる。テスターで計ってみるとメーターがうんともすんともいわない。これはどこか断線している。断線しているところが見当がつかない。試しにコネクタから出ている黒いカバーを外して見た。するとマイナスに行く線が断線している。なぜこんなところが断線しているのか不明。(下の写真)


断線しているのがわかる、赤丸の部分。
右の写真のように、はんだを使って接続する。スピーカをつなげて音だしをすると音が出た。

スピーカー(ウーハー)を清掃。

低音が音われをしているので、ウーハーを清掃してみる。


写真のように、埃まみれ。しかもセンターキャップが黄色い(実際は黒)よくみるとエッジが切れている。


エッジを軽く触っただけでどんどん壊れていく。右は全て外れてしまったウーハー。ネットで見るとエッジ交換が出ているので試しにやってみようと考えた。エッジ材料はジャージやセーム側等が出ていたが失敗した時のことを考え(1,500円で購入しているため)100円ショップで見つけたバックを使ってみる

エッジの作製。


100円ショップのトートバッグ。材質はポリエステルで裏側に塩化ビニル樹脂がコーティングされている。これを解体して、ウーハーの直径を計りコンパスで円を書きその手前1cm(のりしろ)でカット。


のりしろにボンド(Gクリアー)を塗ってコーン紙に接着。
裏側に15mmのバックアップ材を詰めてフレームにボンド(Gクリアー)で接着。
洗濯バサミで固定。
乾いたら余分なところをカット。
はたして、これで音が出るのだろうか。ちなみに洗濯バサミで固定している間にバックアップ材で膨らんでいるところを水で薄めたやまとのりを2度塗りしてみた。1週間放置し接続すると音が出た。低音も割れることが無い。もしかすると成功か。

組み立て。


ツーイーターのネジが錆びていたので交換、ウーハーについていたゴムをボンド(G17)で接着。


箱はヤニだらけだったので洗剤で清掃後、家具用つやピカシートでふき取り、スピーカーを装着。

完成と視聴


左が購入時、右が完成品。早速音だしをする。きちんと音が出る、ウーハーが大きいおかげで低音に迫力が出る。(S-X11と比較)元の音がわからないため(音割れしていた)本来の音が出ているかはわからないが、今のところは満足している。ただし、エッジがいつまで持つかはわからない。