道楽の部屋 > オーディオの自作とリペア > スピーカー自作その2

スポンサード リンク

Stereo付録スキャンスピークを使ってスピーカーを自作。

 Stereo2012年8月号付録のスキャンスピーク製10cmフルレンジをを使って、もともとあった自作スピーカーの箱を使用して作る。
左の写真は完成したスピーカー。


なお、分解・改造・調整は自己責任の上で行ってください。

穴を開ける。


もともと、穴が開いていた箱に上から板を貼り付け再度穴を開けた。箱の中に補強のため板を入れてみた。
大きい穴がスピーカー取り付け、小さい穴は、バスレフ用。

バスレフを作製。


バスレフのダクトをカメラのフイルムケースを使って作製してみる。右の写真は、取り付けたところ。いい感じでついていると思う。

吸音材と塗装。


吸音材はグラスウールを使用。箱自体は、リサイクルなので黒で塗装をして見ました。

スピーカーの取り付け。


左の写真は付録のスピーカー取り付けてみた。

視聴

思っていた以上に、高音も低音もはっきりしていて良い感じに仕上がった。


ゴルフボールを追加。


音量を上げて低音をきかせると本体が踊ってくるので、試しに中にゴルフボールを入れるだけ入れてみた。本体が重くなり踊らなくなった。また、音に影響はなし。

TOPへ