道楽の部屋 > オーディオの自作とリペア > パワーアンプを自作する。その2

スポンサード リンク

久しぶりに

このアンプも久しく電源を入れていないので、壊れていないか点検を兼ねて動作確認をした。確認方法は、ポータブルCDプレーヤーのイヤホンジャックから接続、ポータブルCDのボリュームを少し上げただけで音が割れて来たので、半固定抵抗を調整していたら壊してしまった。
このまま廃棄するのも忍びないのと、久しぶりに修理するのもいいなと思い修理することにした。
ただ壊れた半固定抵抗を交換するのではなく、可変抵抗に交換してみる。


材料

  • ボリューム10KA x 1
  • ボリューム用つまみ x 1
  • 抵抗10KΩ x 2
  • 追加で抵抗20KΩ x 2

製作

なお、組み立て・調整は自己責任の上で行ってください。

先ずは回路図を作成した。左側が前の回路図、右側が新しく作成した回路図です、半固定抵抗の所に10KΩ抵抗に交換して、信号入力すぐのところに可変抵抗を追加した。
図をクリックするとpdfが表示されます。

半固定抵抗の所に10KΩ抵抗を入れてみて、テストをしたが前と変わらない。半固定抵抗も10KΩを使用していたが。


20KΩの抵抗を直列でつなげてみる。音割れはなくなった。合計30KΩのはず。


完成
外にボリュームがついたので、アンプらしくなった。