道楽の部屋 > オーディオの自作とリペア > パワーアンプを自作する。その2

スポンサード リンク

目的

 KIA6210AHは、以前富士通製PC用スピーカーを解体したときに残しておいた基板についていた。前回は、キットを使ってパワーアンプを製作したが、今回はデータシートを元にユニバーサル基板から製作に挑戦する。

材料

  • KIA6210AH x 1
  • 秋月電子通商で販売されている2mmピッチのユニバーサル基板(KIA6210AH用)
  • データシートに載っている抵抗とコンデンサ
  • 赤のLEDを2個
  • ケースは100円ショップ販売している貯金箱を使用。
  • 追加分として、10kΩの半固定抵抗を2個
  • DCジャック、3.5φステレオジャック、トグルスイッチ、電源用ユニバーサル基板、ハーモニカ端子 を各1個
  • 電解コンデンサは、東信工業製音響用UTSJを使用。

製作

なお、組み立て・調整は自己責任の上で行ってください。

KIA6210AHのデータシート

左の図をクリックするとpdfが表示されます。

左の写真がアンプ部、右の写真が電源部

双方の基板をつなげ貯金箱の中に立つようにした。電源を入れると、LEDを2個点灯するようにした、汚い配線だがつけてみた。抵抗は、480Ωを直列につなげてある。電源の電圧は12V。


左の写真が、ケースになる予定の100円ショップで購入した貯金箱。右は、基板を無理やり入れた写真


完成


視聴

1回目、音が出ない。いろいろネットで調べると4ピンのStand-by SWに電源を供給しなくてはいけないことがわかり、VCCをそのままつなげてみる。
2回目、音は出たが少し音量を上げると音が割れてしまう。再度、ネットで調べてみる、所々に部品を追加する。
3回目、無事音が出た。音量を上げても音われはしなくなった。ボーカルの声が前面にでてくる感じ。ドラムの音がなかなかいい感じ。変更点を回路図に記載をする。
ZERO3を接続して視聴している。


スピーカーを作製

富士通製PC用スピーカーも解体したときに残していたので、アンプとお揃いのスピーカーを作製してみた。ケースは100円ショップで購入した貯金箱。

回路図

右の図をクリックするとpdfが出ます。
回路図は、水魚堂さんのBSch3Vを使って作製をしております。