道楽の部屋 > オーディオの自作とリペア > YAMAHA CDX-9

スポンサード リンク

YAMAHA CDX-9を購入

 近くのHOで1,080円にて販売されていた、「CD読めません。」いつもの悪い癖が出てご購入してしまった。CDを読ませようとしてOPENスイッチを押したがトレイが出てこない。
特長は「ヤマハ独自のPRO-BIT方式の採用で、微小レベルまで音源に忠実でナチュラルな再生を実現。」とある。YAMAHAのホームページより。

発売年1998年
発売価格35,000円
電源100V 60/50Hz
寸法幅28.0×高さ8.25×奥行35.4cm
重量3.8kg

なお、改造・調整は自己責任の上で行ってください。

カバーを開けて

トレイが出てこないのは赤丸がモーターについて離れないためらしく、叩くと出てきた、CDを入れるときちんと認識した、念のためピックアップレンズを清掃した。オペアンプは4個使用、電解コンデンサは音響用のものを使用している、緑はニチコンのMUSE、赤っぽいのはELNAのDUOREXⅡ、なので交換しない。

ピックアップをみる。

ピックアップはKSS-210Aを使用している。

オペアンプ交換

いつものように、ソケット化してオペアンプを交換してみる、2068DDを2114DDに、5532DDをBBのOPA2604APの交換してみた。
現在、視聴中です。BBはやはりいいと思う。

オペアンプ交換(2)

オペアンプを元に戻した。2068DDと5532DD

写 真