スポンサード リンク

KANARIYAを購入

 ジャンクで購入した。ターンテーブルが回らない。

なお、改造・調整は自己責任の上で行ってください。

ターンテーブルをはずす

ターンテーブルを外すと、アイドラーゴムが変形している。ない度のごとくゴム板でアイドラーを作成する。ターンテーブルは回るようになった。

レコードを聴こうとしたら

レコードを聴こうとしたら、音が出ない。真空管アンプ付プレーヤーでブーンと音はしている。

カートリッジを確認

クリスタルカートリッジの通電を調べると通電なし、無理やり分解しうまくできたと思い黒い部分を外そうとしたら右の写真のように粉々になってしまい再起不能状態になった。

違うカートリッジをつける

以前購入していた、鉄針用ではないカートリッジがあったので試しにつけてみたら改造なしでついたのでレコードをかけたところ音は出た。アンプの部分は問題はなさそう。あと金具が出ていたのでもともとアームを乗せる何かがついていたのではないかと思い、100円ショップで売っていた埴輪の人形をつけてみた。

クリスタルカートリッジが手に入る

数か月後、1台すでに持っているME-5を購入した。ME-5はモーターが不動だった為、部品どりにしてこれについていたカートリッジをKANARIYAにつけて、レコードをかけると音が出た。もともと鉄針用蓄音機なのでこのまま使用することにした。
これで修理は完了。

再生動画