スポンサード リンク

メーカー不明のラジオ付電気蓄音機を購入

 左の写真は、完了した写真で購入時(写真を撮るのを忘れていた)は化粧紙がはがれていてきれいにすることが難しいと判断し、すべてはがして塗装することにした。また、電源を入れてもラジオの音がわずかに聞こえるのとレコードの音も聞こえないので少しづつ修理をしていくことにする。

なお、改造・調整は自己責任の上で行ってください。

分解して中を確認する

真空管は見えるのは4本(12F、UZ42、6ZDH-3A、6WC5)で、電気はついていた。赤丸のコンデンサが怪しいと思われるので、塗装が終了後交換してみる。

化粧紙をはがす

すべての部品を外して化粧紙をはがした状態。(途中過程の写真を撮り忘れ)なお、塗装途中および終了時の写真も取り忘れている。塗料は和信ペイントの水性工芸うるし(藍色)を使用。

ピックアップを確認

ピックアップのカバーにナショナルの文字、テスターでコイルの抵抗を図ると断線している模様。コイルの手作りが必要そう。

電源コードの修理

電源ケーブルの本体挿し口メス側が破損していたので、試しにグルーガンで破損した部分を埋めてみた。今のところ問題は発生していない。

フロントパネル

フロントパネルは、100円ショップで買った布を張ってみた。右側にラジオのダイアルが付き左側にスピーカが付く。

ラジオのダイアルつまみが

ダイアルのつまみが折れてしまった、仕方がないので写真のようにアクリル板を張り付けて対処した。

修理開始

塗装が終了したので怪しいコンデンサ2個を交換したが、症状は変わらずなのですべてのコンデンサを交換した。ラジオで確認すると音が出るようになった、電波の感度も良好。

ピックアップの修理

ピックアップ用コイルを作成した。オヤイデ電気さん製のUEWポリウレタン銅線髷ネットワイヤー0.10mmを20m使用した。

モーター

モーターを念のため分解清掃をした。分解時の写真を取り忘れてしまいました。

完成

動作確認でレコードも音が出たので完成です。約半年かかりました。

再生動画

左側はレコード、右側はラジオになります。