道楽の部屋 > オーディオの自作とリペア > AA-15X

スポンサード リンク

AIWA AA-15Xを購入

 AIWAのAA-15X。音出しをしてみると左側からものすごい雑音、スピーカーが壊れるかと思った。カバーを開けて修理を試みる。

発売年-
発売価格-
出力-Wx-W -Ω
寸法幅-x高さ-x奥行-
重量-kg

なお、改造・調整は自己責任の上で行ってください。

カバーを開ける

左右にパワートランジスタが鎮座している(赤丸)。いつものように、左右を交換してみるとなぜか雑音が消えた。しかし、左側から音が出ない。ボリュームをいじっていると突然右側から雑音が出た、雑音の原因はパワートランジスタだ。

トランジスタを交換

トランジスタは日立製のHA1350。左側が壊れたHA1350、これが新品が販売していない、運良くHA1350S(右側)を中古で見つけた。早速交換した、見事に雑音は消えたがやはり左側から音が出ない。

ボリュームを調査・交換

怪しいと思われるボリュームを調べてみることにした。まずは、分解清掃をしてみた。

が直らない。次にテスターで抵抗値を調べた。

右側正常、左側は通電なし原因はボリュームが壊れていた、しかし代わりの品(新品)を秋葉原で探したが見つからない。
新品をあきらめて中古を探したら使えそうなボリュームを見つけた(左側)、ただサイズが違うので無理やり取り付けた(中側)。ついでに電解コンデンサを新しいのに交換した。

CDプレーヤーを接続して音出しをすると左側から音が出た。
久しぶりに修理した感じがした。

写 真