道楽の部屋 > オーディオの自作とリペア >  TA-515

スポンサード リンク

SONY TA-515を購入

 ソニーのTA-515を購入。完全ジャンクで症状は、左から音でない、右はかすかに音は出るが歪んでいる。そしてすぐにプロテクトがかかる。手に負えるかどうかわからないが挑戦する。


なお、改造・調整は自己責任の上で行ってください。

プロテクトリレーを清掃してみる


プロテクトリレーを分解して清掃。これで、左から音が出るかと思ったが、出なかった。そんなに甘くはなかった。
いつものように、パワートランジスタを左右入れ替えてみたが変化なし。

コンデンサーを調べる。


左側のプリ部と思われるところの電解コンデンサーを取り外し、デジタル容量計とテスターで調べたところ怪しいコンデンサーがあった。たまたま手持ちで同じ規格のがあったので交換。赤丸のコンデンサ。
音出しの確認をしようとしたが、プロテクトがすぐにかかり確認ができない。

よくみると

よくみると、パワー部と思われる抵抗が1部欠けている。またまわりの抵抗も全体の色がおかしい。


取り外して、テスターで調べると通電しない。330Ω2個とも(赤丸)、100Ω2個も(青丸)
パワートランジスタの周りにも青色の抵抗があるが、色がくすんでいる。これらの抵抗もはずして調べると抵抗値が狂っていたり、通電しないものもあった。もしかすると、コンデンサーは関係なくこの抵抗が原因か。これらの抵抗を交換する事にした。


ついていた抵抗と新しい抵抗。抵抗はタクマンのREYを使用。


交換した様子。これで電源を入れると、見事に音が出た。プロテクトもかからない。右の音が小さく歪んでいたのも直った。思っていた以上に音もいい。音の歪は以前パイオニアのA-980で抵抗を交換して直った経緯もあったので、たぶん抵抗かなとは思っていたが、なぜこれだけの抵抗が駄目になったのかが不明。