道楽の部屋 > オーディオの自作とリペア >  AU-1100のリペア

スポンサード リンク

SANSUI AU-1100を購入

 ヤフオクをまたまたあきもせず眺めていた。前からサンスイのアンプがほしかったがヤフオクでも結構いい価格で取引されている。たまたま、このアンプが出品されていて、いつものように入札。なぜかほかの人は入札なしで落札。数日後、宅配便で送られてきた。電源を入れてみると問題なく音が出たので中の清掃のみで、そのまま使用していた。数ヶ月がたったある日、突然電源投入後、ガリガリバリバリと雑音が出るようになった。音量を最低にしても同じ。とりあえず修理に挑戦してみる。

なお、改造・調整は自己責任の上で行ってください。

前段のトランジスタを点検

前段部分のトランジスタを点検すると、どうも以前修理をしている気配がある。A970とC2240のトランジスタが付いているが、どうもこのトランジスタすべて交換しているみたい。交換していなさそうなトランジスタを交換してみる。


上のA750とC1400をすべて取り替えてみた。A750は販売しているが、C1400は販売していないのでC2240を代替として使用してみた。

音だしをする。

すべて交換し、電源を投入するがまったく変化なし。相変わらずバリバリガリガリと音がする。

中段のトランジスタを点検

中段部のトランジスタを点検するのとリレーの清掃を行うことにした。よく見ると、トランジスタの足が真っ黒になっているが代わりのトランジスタが販売していないので、トランジスタをはずして足の清掃を行ってみる。


写真の赤丸が付いているリレーとトランジスタをはずす。リレーは接点を清掃。トランジスタは足の黒い部分を削ってハンダを塗って再度組み立てを行う。

音だしをする。

組み立てが終わり、電源を投入すると雑音が出なくなった。バリバリガリガリ音がしない。これはとりあえず直ったみたいだが原因がわからない。トランジスタの足をきれいにして直るものなのか、リレーの接点を清掃して直るものなのか。このまま様子を見ることにした。

交換したトランジスタ


交換したトランジスタ。たぶん壊れていないと思うが検査するのが面倒なのでこのまま廃棄。
今回の費用
2SA750x3 189円
2SC2240x3 93円