CentOS5.3を使ってWebServer(vsftpdインストール)

スポンサード リンク

お願い
本サイトは、管理人:うまがメモ帳代わりに作成したサイトです。
なお、このサイトの内容に関して動作保障など一切の責任は持ちませんので、自己責任の上行ってください。

目的

ホームページを作成しているPCは、WindowsPC。作成したHTMLをネットワーク(local)を使ってWebServerへupするために、FTPServerソフトを使用する。CentOSで標準のvsftpdをインストールする。

vsftpd.confの設定

OSインストール時に、vsftpdもインストールされていますが、念のため確認してください。確認方法は、Apacheと同じです。インストールされていなければ、インストールをします。
バージョンは、vsftpd-2.0.5-12.el5_3.1.i386です。

vsftpd.confの設定は、Apachehttpd.confと同じようにgeditで行います。
場所は、/etc/vsftpd/vsftpd.confになります。

設定内容は以下の通りです。
追加:青字、変更:赤字で記載します。

# Example config file /etc/vsftpd/vsftpd.conf
#
# The default compiled in settings are fairly paranoid. This sample file
# loosens things up a bit, to make the ftp daemon more usable.
# Please see vsftpd.conf.5 for all compiled in defaults.
#
# READ THIS: This example file is NOT an exhaustive list of vsftpd options.
# Please read the vsftpd.conf.5 manual page to get a full idea of vsftpd's
# capabilities.
#
# Allow anonymous FTP? (Beware - allowed by default if you comment this out).
anonymous_enable=YES→anonymous_enable=NO 12行目
#
# Uncomment this to allow local users to log in.
local_enable=YES
#
# Uncomment this to enable any form of FTP write command.
write_enable=YES
#
# Default umask for local users is 077. You may wish to change this to 022,
# if your users expect that (022 is used by most other ftpd's)
local_umask=022
#
# Uncomment this to allow the anonymous FTP user to upload files. This only
# has an effect if the above global write enable is activated. Also, you will
# obviously need to create a directory writable by the FTP user.
#anon_upload_enable=YES
#
# Uncomment this if you want the anonymous FTP user to be able to create
# new directories.
#anon_mkdir_write_enable=YES
#
# Activate directory messages - messages given to remote users when they
# go into a certain directory.
dirmessage_enable=YES
#
# Activate logging of uploads/downloads.
xferlog_enable=YES
#
# Make sure PORT transfer connections originate from port 20 (ftp-data).
connect_from_port_20=YES
#
# If you want, you can arrange for uploaded anonymous files to be owned by
# a different user. Note! Using "root" for uploaded files is not
# recommended!
#chown_uploads=YES
#chown_username=whoever
#
# You may override where the log file goes if you like. The default is shown
# below.
#xferlog_file=/var/log/vsftpd.log→xferlog_file=/var/log/vsftpd.log 51行目
#
# If you want, you can have your log file in standard ftpd xferlog format
xferlog_std_format=YES
#
# You may change the default value for timing out an idle session.
#idle_session_timeout=600→idle_session_timeout=600 60行目
#
# You may change the default value for timing out a data connection.
data_connection_timeout=120
#
# It is recommended that you define on your system a unique user which the
# ftp server can use as a totally isolated and unprivileged user.
#nopriv_user=ftpsecure
#
# Enable this and the server will recognise asynchronous ABOR requests. Not
# recommended for security (the code is non-trivial). Not enabling it,
# however, may confuse older FTP clients.
#async_abor_enable=YES
#
# By default the server will pretend to allow ASCII mode but in fact ignore
# the request. Turn on the below options to have the server actually do ASCII
# mangling on files when in ASCII mode.
# Beware that on some FTP servers, ASCII support allows a denial of service
# attack (DoS) via the command "SIZE /big/file" in ASCII mode. vsftpd
# predicted this attack and has always been safe, reporting the size of the
# raw file.
# ASCII mangling is a horrible feature of the protocol.
#ascii_upload_enable=YES→ascii_upload_enable=YES 79行目
#ascii_download_enable=YES→ascii_download_enable=YES 80行目
#
# You may fully customise the login banner string:
#ftpd_banner=Welcome to blah FTP service.
#
# You may specify a file of disallowed anonymous e-mail addresses. Apparently
# useful for combatting certain DoS attacks.
#deny_email_enable=YES
# (default follows)
#banned_email_file=/etc/vsftpd/banned_emails
#
# You may specify an explicit list of local users to chroot() to their home
# directory. If chroot_local_user is YES, then this list becomes a list of
# users to NOT chroot().
#chroot_list_enable=YES→chroot_list_enable=YES 94行目
# (default follows)
#chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list→chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list 96行目
#
# You may activate the "-R" option to the builtin ls. This is disabled by
# default to avoid remote users being able to cause excessive I/O on large
# sites. However, some broken FTP clients such as "ncftp" and "mirror" assume
# the presence of the "-R" option, so there is a strong case for enabling it.
#ls_recurse_enable=YES→ls_recurse_enable=YES 102行目
#
# When "listen" directive is enabled, vsftpd runs in standalone mode and 
# listens on IPv4 sockets. This directive cannot be used in conjunction 
# with the listen_ipv6 directive.
listen=YES
#
# This directive enables listening on IPv6 sockets. To listen on IPv4 and IPv6
# sockets, you must run two copies of vsftpd whith two configuration files.
# Make sure, that one of the listen options is commented !!
#listen_ipv6=YES

pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
tcp_wrappers=YES

設定が終了したら、上書き保存をして終了します。

21番ポートをあける
OSの21番ポートを開きます。今回は、外部からFTPは使用しないのでルータの設定はしません。

>>Go to top

user_listの設定

次に、user_listを設定します。このファイルは、ftpができる、できないフォルダを指定します。指定しないと、ユーザとパスワードがわかってしまうとftpクライアントから丸見えになってしまいます。

場所は、/etc/vsftpd/user_listになります。

設定は、geditで行います。方法は、.confと同じです。
デフォルトでは以下のようになっています。#が付いていると、ftpが可能となります。念のため、root以下#を削除します。
ftpを許すユーザをhogehoge許さないユーザをhugahugahokohokofokafokaとします。

# vsftpd userlist
# If userlist_deny=NO, only allow users in this file
# If userlist_deny=YES (default), never allow users in this file, and
# do not even prompt for a password.
# Note that the default vsftpd pam config also checks /etc/vsftpd/ftpusers
# for users that are denied.
#root→root
#bin→bin
#daemon→daemon
#adm→adm
#lp→lp
#sync→sync
#shutdown→shutdown
#halt→halt
#mail→mail
#news→news
#uucp→uupc
#operator→operator
#games→games
#nobody→nobody
hugahuga
#hogehoge
hokohoko
fokafoka

これで、ftpを許すのは、hogehogeだけとなります。

>>Go to top

vsftpdの起動

設定が終了したので、vsftpd起動させます。起動方法は、GNOME端末からの方法とGUIからの方法があります。今回は、GUIから行います。

システムをクリック。
  ↓
管理をクリック。
  ↓
サービスをクリック。
  ↓
rootのパスワードを聞いてくるのでパスワードを入れてOKをクリック。
  ↓
サービスの設定が立ち上がり左の画面が表示されます。左側に各サービスが表示されていてチェックが付いているのが、起動しているソフトです。この中から、"vsftpd"を探します。チェックがなければ、vsftpdをクリックしてチェックをつけて、上にある開始をクリックします。これで、vsftpdは起動します。もし、チェックが付いているときは、そのまま上にある再起動をクリックします。

>>Go to top

FTP CLIENT FFFTPの設定

WindowsPC用のFFFTPでFTPServerとのテストを行います。テストは、ローカル(LAN)で行います。まず、FFFTPをダウンロードしてインストールします。以下のURLからダウンロードできます。
http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/index.html

インストール終了後、FFFTPを立ち上げて設定します。設定は以下の通りです。


FFFTPのアイコンをクリックすると、左の画面が表示されます。
新規ホストをクリックします。


左画面が表示されるので、必要なところを設定します。
ホストの設定名は任意です。わかりやすい名前をつけます。
ホスト名(アドレス)には、ローカルIPを設定します。今回は、ネットワーク設定で192.168.0.230に設定したので、192.168.0.230を入れます。
ユーザー名は、上の設定でhogehogeにしているので、hogehogeを入れます。
パスワード/パスフレーズには、Apacheで設定したhogehogeのパスワードhogehoge2009を入れます。
次に、拡張タブをクリックします。


左の画面が表示され、ポート番号が21になっているかを確認し、PASVモードを使うにチェックが付いていることを確認します。PASVにチェックがないとFTPがつながりません。
確認終了後OKをクリックします。


設定は終了したので、左のwebをダブルクリックします。画面右側にwebserverのフォルダ・ファイルが表示されます。


道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net