CentOS5.3を使ってWebServer(POSTFIXインストール)

スポンサード リンク

お願い
本サイトは、管理人:うまがメモ帳代わりに作成したサイトです。
なお、このサイトの内容に関して動作保障など一切の責任は持ちませんので、自己責任の上行ってください。

目的

ドメインを取得してホームページを公開するなら、個人のメールもあったらいいなと思いメールサーバーのpostfixをインストールする。

main.cfの設定

OSインストール時に、postfixもインストールされていますが、念のため確認してください。確認方法は、Apacheと同じです。インストールされていなければ、インストールをします。
バージョンは、postfix-2.3.3-2.1.el5_2.i386です。

main.cfの設定は、Apachehttpd.confと同じようにgeditで行います。
場所は、/etc/postfix/main.cfになります。

設定内容は以下の通りです。
追加:青字、変更:赤字で記載します。
ドメインは、Apacheの設定同様hogehoge.comで行います。

# Global Postfix configuration file. This file lists only a subset
# of all parameters. For the syntax, and for a complete parameter
# list, see the postconf(5) manual page (command: "man 5 postconf").
#

# The default_privs parameter specifies the default rights used by
# the local delivery agent for delivery to external file or command.
# These rights are used in the absence of a recipient user context.
# DO NOT SPECIFY A PRIVILEGED USER OR THE POSTFIX OWNER.
#
#default_privs = nobody → default_privs = nobody 60行目

# INTERNET HOST AND DOMAIN NAMES
# 
# The myhostname parameter specifies the internet hostname of this
# mail system. The default is to use the fully-qualified domain name
# from gethostname(). $myhostname is used as a default value for many
# other configuration parameters.
#
#myhostname = host.domain.tld
#myhostname = virtual.domain.tld
myhostname = hogehoge.com 71行目
# The mydomain parameter specifies the local internet domain name.
# The default is to use $myhostname minus the first component.
# $mydomain is used as a default value for many other configuration
# parameters.
#
#mydomain = domain.tld
mydomain = hogehoge.com 78行目
# SENDING MAIL
# 
# The myorigin parameter specifies the domain that locally-posted
# mail appears to come from. The default is to append $myhostname,
# which is fine for small sites.  If you run a domain with multiple
# machines, you should (1) change this to $mydomain and (2) set up
# a domain-wide alias database that aliases each user to
# user@that.users.mailhost.
#
# For the sake of consistency between sender and recipient addresses,
# myorigin also specifies the default domain name that is appended
# to recipient addresses that have no @domain part.
#
#myorigin = $myhostname → myorigin = $myhostname 92行目
#myorigin = $mydomain

# RECEIVING MAIL

# The inet_interfaces parameter specifies the network interface
# addresses that this mail system receives mail on.  By default,
# the software claims all active interfaces on the machine. The
# parameter also controls delivery of mail to user@[ip.address].
#
# See also the proxy_interfaces parameter, for network addresses that
# are forwarded to us via a proxy or network address translator.
#
# Note: you need to stop/start Postfix when this parameter changes.
#
#inet_interfaces = all → inet_interfaces = all 107行目
#inet_interfaces = $myhostname
#inet_interfaces = $myhostname, localhost
inet_interfaces = localhost → #inet_interfaces = localhost 110行目

# The proxy_interfaces parameter specifies the network interface
# addresses that this mail system receives mail on by way of a
# proxy or network address translation unit. This setting extends
# the address list specified with the inet_interfaces parameter.
#

#
# Specify a list of host or domain names, /file/name or type:table
# patterns, separated by commas and/or whitespace. A /file/name
# pattern is replaced by its contents; a type:table is matched when
# a name matches a lookup key (the right-hand side is ignored).
# Continue long lines by starting the next line with whitespace.
#
# See also below, section "REJECTING MAIL FOR UNKNOWN LOCAL USERS".
#
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
 → #mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost 155行目 #mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomaint
 → mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomaint 156行目 #mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain, # mail.$mydomain, www.$mydomain, ftp.$mydomain # # Specify "mynetworks_style = host" when Postfix should "trust" # only the local machine. # #mynetworks_style = class #mynetworks_style = subnet → mynetworks_style = subnet 241行目 #mynetworks_style = host # Alternatively, you can specify the mynetworks list by hand, in # which case Postfix ignores the mynetworks_style setting. # You can also specify the absolute pathname of a pattern file instead # of listing the patterns here. Specify type:table for table-based lookups # (the value on the table right-hand side is not used). # #mynetworks = 168.100.189.0/28, 127.0.0.0/8 #mynetworks = $config_directory/mynetworks #mynetworks = hash:/etc/postfix/network_table mynetworks = 192.168.0.0/24 127.0.0.0/8 258行目 # The relay_domains parameter restricts what destinations this system will # relay mail to. See the smtpd_recipient_restrictions description in # postconf(5) for detailed information. # # # NOTE: Postfix will not automatically forward mail for domains that # list this system as their primary or backup MX host. See the # permit_mx_backup restriction description in postconf(5). # #relay_domains = $mydestination → relay_domains = $mydestination 287行目 # INTERNET OR INTRANET # If you're connected via UUCP, see also the default_transport parameter. # #relayhost = $mydomain #relayhost = [gateway.my.domain] #relayhost = [mailserver.isp.tld] #relayhost = uucphost #relayhost = [an.ip.add.ress] relayhost = [xxxxxx.xxxxxxx.ne.jp] 309行目OB25対策用 # REJECTING UNKNOWN RELAY USERS # # The relay_recipient_maps parameter specifies optional lookup tables # with all addresses in the domains that match $relay_domains. # # If you change the alias database, run "postalias /etc/aliases" (or # wherever your system stores the mail alias file), or simply run # "newaliases" to build the necessary DBM or DB file. # # It will take a minute or so before changes become visible. Use # "postfix reload" to eliminate the delay. # #alias_maps = dbm:/etc/aliases alias_maps = hash:/etc/aliases #alias_maps = hash:/etc/aliases, nis:mail.aliases #alias_maps = netinfo:/aliases # The alias_database parameter specifies the alias database(s) that # are built with "newaliases" or "sendmail -bi". This is a separate # configuration parameter, because alias_maps (see above) may specify # tables that are not necessarily all under control by Postfix. # #alias_database = dbm:/etc/aliases #alias_database = dbm:/etc/mail/aliases alias_database = hash:/etc/aliases #alias_database = hash:/etc/aliases, hash:/opt/majordomo/aliases # DELIVERY TO MAILBOX # # The home_mailbox parameter specifies the optional pathname of a # mailbox file relative to a user's home directory. The default # mailbox file is /var/spool/mail/user or /var/mail/user. Specify # "Maildir/" for qmail-style delivery (the / is required). # #home_mailbox = Mailbox #home_mailbox = Maildir/ → home_mailbox = Maildir/ 410行目 # The mail_spool_directory parameter specifies the directory where # UNIX-style mailboxes are kept. The default setting depends on the # system type. # #mail_spool_directory = /var/mail #mail_spool_directory = /var/spool/mail # SHOW SOFTWARE VERSION OR NOT # # The smtpd_banner parameter specifies the text that follows the 220 # code in the SMTP server's greeting banner. Some people like to see # the mail version advertised. By default, Postfix shows no version. # # You MUST specify $myhostname at the start of the text. That is an # RFC requirement. Postfix itself does not care. # #smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name #smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name ($mail_version) smtpd_banner = $myhostname ESMTP unknown 562行目 # PARALLEL DELIVERY TO THE SAME DESTINATION # # readme_directory: The location of the Postfix README files. # readme_directory = /usr/share/doc/postfix-2.3.3/README_FILES #OB25 最後の行にOB25対策用として追加 smtp_sasl_auth_enable = yes smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/ob25info smtp_sasl_security_options = noanonymous smtp_sasl_mechaism_filter = plain, login smtp_sasl_type = cyrus #unfairrelay 不正中継を防ぐために追加 smtpd_helo_required = yes disable_vrfy_command = yes strict_rfc821_envelopes = yes allow_percent_hack = yes swap_bangpath = yes allow_untrusted_routing = no #MailBox_size メールボックスの容量を5MBに制限 message_size_limit = 5242880

設定が終了したら、上書き保存をして終了します。

不正中継を防ぐ
人のメールサーバーを踏み台にして、スパムメールが送られたりします。もし、自分のサーバーが踏み台にされた場合、自分のサーバーがブラックリストに載ってしまうことがあります。これを防ぐため、main.cfに不正中継されないように設定を追加します。
上の設定で、#unfairrelay以下6行を追加します。postfixのバージョンがあがり、一部は記載されています。

25番ポートをあける
OSとルータの25番ポートを開きます。設定は機種やメーカーによって違います。また、安価な機種の場合、設定できないものもありるので購入時に確認してください。

ポートの確認
25番ポートが開いているかは以下のサイトで確認できます。
ポートチェック

>>Go to top

postfixの起動

起動方法は、Apacheやvsftpdと同じ方法で行います。

システムをクリック。
  ↓
管理をクリック。
  ↓
サービスをクリック。
  ↓
rootのパスワードを聞いてくるのでパスワードを入れてOKをクリック。
  ↓
サービスの設定が立ち上がり左の画面が表示されます。左側に各サービスが表示されていてチェックが付いているのが、起動しているソフトです。この中から、"postfix"を探します。チェックがなければ、postfixをクリックしてチェックをつけて、上にある開始をクリックします。これで、postfixは起動します。もし、チェックが付いているときは、そのまま上にある再起動をクリックします。
このときに、postfixを選択すると開始・停止・再起動の上に実行中のランレベルと表示されています。ランレベルが3になっていたら、これを5に編集します。上のタブにランレベルの編集があるので、これをクリックしてランレベルを5にしてください。
ランレベルを5にしておかないとOSを再起動したときなど、自動で立ち上がりません。

sendmailを停止させる。
通常は、sendmail にチェックがあり立ち上がっています。sendmail にチェックがあり、実行中になっていた場合は停止させてください。

不正中継の確認
postfixを起動したので、不正中継されないかを確認します。確認方法は以下のサイトでできます。
RBL.JP Project.
最後にno relays accepted.と出ればOK。

>>Go to top

OB25対策

今使っているプロバイダーは、BIGLOBEです。BIGLOBEの場合、迷惑メール対策のため、25番ポートが使えなくなってるので、以下の方法で行います。(この方法は、プロバイダがBIGLOBEの場合で他のプロバイダは違う方法です。)
1. BIGLOBEの会員サイトのBIGLOBE中継サーバ利用申込で申し込みます。URLは以下の通りです。
http://support.biglobe.ne.jp/faq/settei/op25b/relay.html
2. 申し込むと、中継用のサーバー名を教えてくれる。また、方法も教えてくれる。
あとは、以下のように設定すれば25番ポートのままメールのやり取りができます。

main.cfの編集
設定は、main.cfに追加します。307行目に以下を追加します。

relayhost = [xxxx.xxxxxx.ne.jp] xxxxxにBIGLOBEから教えてくれたサーバー名を入れる。

次に以下を最後の行に追加する。

smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/ob25info
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechaism_filter = plain, login
smtp_sasl_type = cyrus

OB25対策用DBの作成
上の追加設定でhash:/etc/postfix/ob25infoとあるが、これはもともとあるファイルではないので、geditで作成します。作成後、データベース化します。内容は以下の通りです。

注意
ファイル名は、ob25infoでなくてもわかりやすい名前でOKです。/etc/postfixのフォルダの中に作成します。
もし、hash:/etc/ob25infoと入れた場合は、/etcのフォルダの中に作成します。

[xxxx.xxxxxx.ne.jp]△***************:##########
[]内は、307行目に追加したサーバー名、△はスペース、*****はプロバイダからのID、###はパスワードを入力します。

データベースの作成は以下の通りです。GNOME端末からsuでrootに入ってから行います。

[]# postmap /etc/postfix/ob25info

これで、OB25対策が完了しました。

>>Go to top

MailBoxの作成

メールを受け取るためのMailBoxを作成します。これは、各ユーザーごとに作成します。まず、最初に以下の方法で、/etc/skelのフォルダ以下に作成します。これを行うと以後ユーザーを新規作成すると自動でMailBoxを作成してくれます。
MailBoxは、Maildirというディレクトリーで下にnew、cur、tmpというディレクトリーを作ります。
su -でroot権限に入って

[]# mkdir -p /etc/skel/Maildir/{new,cur,tmp} 

次に、属性の変更を行います。

[]# chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/

これで、属性が変わりユーザーを追加するごとに自動で作成されます。なお、インストール時に作成したユーザーは、自動でMaildirは作成されません。必ず手動でMaildirとその下のサブフォルダ(newとcurとtmp)を作成してください。

ユーザーの作成は、Apacheのユーザーを作成すると同じです。
試しにinfoを作成してみてください。

postfixを再起動させて、実際に送受信を行ってみてください。

注意
なお、他のPC(local接続)から送受信を行う場合は、受信用ソフト(pop3)をインストールする必要があります。

aliasesDBの作成
aliasesは、簡単に言うとメールを転送させるためのDBです。以下は一例です。ユーザーをinfoとします。
aliasesの場所は、main.cfのあるalias_maps = hash:/etc/aliasesに記載されているところです。この場合は、/etcのディレクトリの中にあります。
編集は、root権限で行ってください。

# Basic system aliases -- these MUST be present.
MAILER-DAEMON:	postmaster
postmaster:root  これは、postmasterあてに送られてきたメールはrootに移動します。
www:webmaster  これは、wwwあてに送られてきたメールはwebmasterに移動します。
www-admin:webmaster
webmaster:root  webmasterあてに送られてきたメールはrootに移動します。
hostmaster:root
root:info  rootに送られてきたメールはinfoに移動します。
この様にすると、最終的にすべて、infoへメールは送られてくる設定になります。

また、以下のように設定するとinfoに来たメールを携帯へ転送することもできます。

info:info,xxxxxxxxxxxx@docomo.ne.jp  これは、infoに送られてきたメールをinfoと携帯メールに移動します。

注意:aliasesの設定をすると移動になるので注意する(コピーではない)。上の例では、info:xxxxxxxxx@docomo.ne.jpとした場合、infoに来たものは、携帯メールに転送されinfoには残らない。

編集が終了したら、DBを更新します。

[]# newaliases

これで、postfixの設定は終了です。
念のため、再起動を行ってください。


道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net