道楽の部屋>WEB SERVER(CENTOS5.3)>CENTOS5.3(OPEN PORT)

CentOS5.3を使ってWebServer(ポートを開ける)

スポンサード リンク

お願い
本サイトは、管理人:うまがメモ帳代わりに作成したサイトです。
なお、このサイトの内容に関して動作保障など一切の責任は持ちませんので、自己責任の上行ってください。

OSのポートをあける

HTTP、FTP、SMTP、POP3などは、ポート番号によって管理されています。よって、OS側のポートがしまっているとソフトをインストールしても動作しないなどの現象がおきます。また、これによって外部からの進入を防いでもいます。ポート番号は、HTTPは80番、FTPは21番、SMTPは25番、POP3は110番となっています。
今回は、HTTP、FTP、SMTP、POP3を導入するので4つのポートを開きます。

システム管理セキュリティとファイヤーウォールの設定をクリックします。パスワードをきいてくるのでrootのパスワードをいれてOKをクリック。下の画面が表示されます。。


左の画面で、FTP、WWW(HTTP)、メール(SMTP)にチェックをつけます。チェックが付いていれば、すでにポートは開いています。この画面にはPOP3が表示されていません。POP3は、下にあるその他のポートをクリックして、手で入力して開けます。


その他のポートをクリックすると、左のように画面が変わります。追加をクリックします。


追加をクリックすると左の画面が表示されます。
ポートのところに、110と入力し、OKをクリックする。


左下のPortsに110が追加されていれば、OKです。

適用をクリックしOKをクリックして終了させます。
これで、OSの今回使うポートはひらきました。

ルーターのポートをあける

ルーターのポートをあけます。今使用しているルーターは、NEC製です。メーカーまたは製品ごとに違いますので、説明書で確認してから行います。
今回は、HTTPとSMTPだけ外部へまたは外部からの設定です。ftpとpop3はローカルのみで使用しますので、ルータの設定は、80番ポートと25番ポートを開きます。

ブラウザ上から、ルーターの設定に入ります。


Atermの場合は、詳細設定→ポートマッピング設定をクリックします。



左の画面が表示されます。この画面で、80番ポートと25番ポートをあけます。



道楽の部屋について
2008 © umacamelife.net